On

デジタル時代の写真保存~撮りっぱなしになっていませんか?~

Posted by admin

写真が紙焼きだった頃

デジタルカメラが普及するようになって、写真も身近になりました。紙焼きが普通だった頃は、子どもの成長や記念日の思い出をアルバムに貼って大切に残したものですが、最近はやや事情が違ってきているようです。たとえば「えーと、あの写真、どこ行ったっけ?」という悩みが頻発することもあります。

撮りっぱなしはNG!

そんなお悩みは、整理の簡単なルールを決めておけば回避できます。ここでは、私が実践している方法を紹介します。まず前提ですが、撮った写真は、スマホやSDカードに入れっぱなしにするのではなくて、パソコンに専用フォルダーを作り、さらに撮影日を名前にしたサブフォルダーを作って、撮影したその日のうちにスマホやSDカードから転送するようにします。次に、後で写真を探さなければならなくなった時のために、写真を1枚に特定する情報を用意します。これは日付と被写体を記した別ファイル(テキスト形式)を作ることで対応できます。

いつ?なにを?撮ったか

こうすることで、探し物をする時には、テキストファイルから必要な情報を文字列検索し、そこからどのフォルダを探せばよいかが絞り込まれるわけです。詳細な整理が可能なソフトウェアもありますが、特定のソフトに依存しすぎると、環境が変わった時に使えなくなるおそれがあります。そのことを考えると、フォルダ名とテキストファイルのみによる単純な整理がもっとも効果的かつ安全といえます。

バックアップを習慣づけましょう

以上が基本ですが、これに写真フォルダごと、別ドライブに随時にバックアップを取る、あるいはオンラインストレージに保存するなどを習慣化しておけば、いざという時に慌てることもなくなります。

今アプリでは「フォトブック」が作れるアプリが人気を集めてます。スマートフォンのカメラで撮った写真をレイアウトして、思い出を一冊のオリジナルアルバムにすることができます。