On

今注目の屋上緑化とは?屋上緑化のために必要な技術

Posted by admin

屋上緑化とはなんなのか

屋上緑化というものが、近年注目を集めています。節電を目的として始める人が多いですが、屋上緑化の効果とはそれだけではありません。屋上緑化とは、その名の通り屋上や屋根に植物を植えて緑化することを言います。また、似たような作業として、屋上ではなく建物の壁面に植物を受けて緑化することを壁面緑化といいます。

屋上緑化の主な目的は、建物の断熱性を高めることによって、屋内の温度上昇を抑えることであり、環境問題に配慮したものと思われがちです。そのため、近代に入り生まれた手法のように思われがちですが、世界各地で古くから存在しています。屋根を土で覆った土屋根をはじめとして屋上庭園、壁につたを絡ませる手法がその代表です。日本においてもひょうたんやヘチマなどといったつる性の植物を夏場に育て緑の陰で涼を取る方法が古くから存在しています。

そのような屋上庭園の効果は、断熱性ばかりではありません。植物の影を作ることに始まり、景観の向上、建物自体の保護も可能です。また、防音性や保水力、生態系の回復といった効果も期待できます。

屋上緑化で必要となる技術

屋上緑化をしようと考えて、そのまま屋上や屋根の上に土を敷いて種をまいて始めることはできません。専用の設備を整えなければ、様々な面で建物が不具合を起こす可能性が高いです。

屋上緑化をするためには、屋上に土を敷いたり、植物を植えたとしても耐えることができる程度の強度が必要です。屋上緑化をするためには、それを目的とした屋上や屋根を設計しなければなりません。また、屋上や屋根の上で植物を育てるためには、保水力が必要となるので専用の土を用意することも必要です。

屋上を屋上緑化しておけば、電気代の節約につながるだけでなく、環境のためにもなるので、さまざまな魅力があり、お得です。