On

タバコと何が違うの?電子タバコの種類と特徴とは

Posted by admin

ニコチンが入ってない?電子タバコとは

近年、火を使わないタバコとして加熱式タバコが急速に広まり、それに伴い電子タバコも広がりつつあります。電子タバコとは、フレーバーのついたリキッドを加熱することで、水蒸気を吸うものです。水蒸気という点で加熱式タバコと混同されがちですが、電子タバコはニコチンを含まず、火も使わないためヤニも付着しません。水蒸気を吸う行為が疑似的な喫煙の満足感に繋がるとして、タバコをやめたい方にも人気となっています。

好きな味が選べる!リキッドの種類

電子タバコの良いところは、沢山の種類のリキッドが市販されている点です。リキッドにはフレーバーがついており、フルーツや炭酸飲料、お菓子、お茶など、甘いものからスッとするものまで様々なものを選ぶことができます。大型量販店などでも販売されるようになり、非喫煙者からも人気です。特に禁煙をしたい人には強いメンソールのリキッドが人気で、水蒸気を吸い込んだ際ののど越しが強く、メンソールのタバコを吸っていた方には乗り換えやすいでしょう。フレーバーを選ぶことで気分転換にもなり、食品由来なので健康も害しません。

非喫煙者でも?誰でも使える電子タバコ

電子タバコは加熱式タバコと違い、ニコチンを含みません。そのため、非喫煙者も簡単に吸うことができ、嫌な匂いもつきません。火を使わないので火事の心配もなく、どこででも吸うことができます。ですが、水蒸気を吐き出す見た目はタバコに見えてしまう為、禁煙の場所では使わない方が良いでしょう。ただのリキッドとはいえ、日々のメンテナンスは必要です。フレーバーの邪魔にならないよう、リキッドを入れる際ついでに掃除もしておきましょう。

ニコチンリキッドは、ニコチンとグリセリンやフレーバーなどに加え、精製水から作られています。市販の電子タバコには、ニコチンは入ってませんが、これにも使えます。但し、国内では製造・販売・譲渡は禁止です。