On

もらってうれしい?ちょっとめいわく?内祝いの選び方

Posted by admin

身内受けだけで選んではいけない

内祝いのギフトには、世界で1つだけのもの、市販されていないものもたくさん用意されています。オリジナルで内祝いのギフトを作る場合には、注意点が1つ!「身内受け」だけでないか、冷静に確認しましょう。もちろん、内祝いをお渡しするのは、基本的には家族や親しい人だけ、ということであれば問題ないでしょう。しかし、それ以外の方にもお渡しするのであれば、もらった方が「?」となるようなものは避けたほうが無難です。

予算もとっても大事です

こだわりが大きい場合には、予算が度外視されがちです。「お祝いだから気にしないわ」「せっかくだからこだわりたい」と当人は思うかもしれませんね。うれしいことならばなおのことです。しかし、実はもらった方は意外に予算を気にしてしまいます。予想以上に高価なものを内祝いとしていただいてしまった場合には、今後の関係性にも影響しかねません。見合った予算で品物を選ぶのが良いでしょう。

究極には自己満足であることに気付く

内祝いの品物にこだわる方ほど見落としがちなこと、それは「あげたほうが覚えているけど、もらったほうは忘れる」ということです。それを忘れては、押しつけがましい内祝いの品になってしまいがちです。たとえば、出産の内祝いであれば、赤ちゃんの顔がでかでかと印刷されたケーキ(食べるときに顔を切らないといけない!)、大きなぬいぐるみ(すごく邪魔)など、こだわりが爆発しています。どうしても喜んでもらいたい!と思うのであれば、「カタログ」が最適でしょう。みなさんが100パーセント喜んでくれるものを選ぶことはできません。であれば、自分の欲しいものを選んでもらうのが正解です。

内祝いを贈る相手が目上の人かそうでないかによって金額の目安は変わってくるので注意する必要があります。