On

大事なペットの洋服はどうやって選んだらいいの?

Posted by admin

犬に洋服って着せて大丈夫なの?

ペットは大事な家族で、特に犬は飼い主に忠実で飼いやすいので迎え入れている人もたくさんいます。ペットショップではペット用のリードや雨カッパ、おもちゃなどのほか、帽子や洋服、靴なども販売されています。でも人と違って犬は体が毛で覆われているし、洋服は冬は良くても夏は暑すぎるのでは、と考える人もいるでしょう。この事から犬に洋服を着せること自体に難色を示す人もいますが、室内犬や愛玩犬の場合は着せても問題はないようです。むしろ、普段から洋服に慣れていると、雨天時の散歩でレインコートを着るのに抵抗がなくなり、散歩しやすくなるという場合もあります。

ただ、古くから狩猟を行ってきた犬種やそれに近い血をひく犬種の場合は注意が必要です。彼らは元々の体温が高い上、外の寒さから身を守るため体温を維持するので、洋服を着せると暑くなりすぎてしまう可能性があります。
とはいえ、それほど神経質にならなくても良いでしょう。

選び方のコツはある?

どんな洋服を選んだらよいかというと、まずは愛犬のサイズを知ることです。犬の洋服には1~4号までサイズがあり、重要なのは胴回りと腕の太さです。犬の洋服は背中とお腹~むね、腕を覆うので、この部分の採寸が必要です。初めて購入する場合はペットショップやトリマーの方に教えてもらうと良いでしょう。ゆとりがありすぎると脱げたり引っ掛かってしまう危険があるので、サイズ選びはしっかり行います。あと、コットン100%は一見良さそうですが、熱がこもりやすく特に小さい犬には危険なので、メッシュや少し化学繊維の入っているものの方が安全です。

犬の洋服は飼い犬の体に合わせて選ぶのが飼い主の務めです。犬種によっては体毛の長さで体つきが大きく変わるので、洋服の寸法合わせは慎重に行う必要があります。