On

間違ってない!?犬の服のサイズ選びと注意点

Posted by admin

犬にぴったりのサイズを選ぶ

洋服選びはサイズが重要です。人間でも、体に合っていない洋服は着心地が悪いですよね。犬だって同じです。犬は言葉が話せないので、気をつけてあげましょう。サイズが小さく、窮屈な服は動きが制限されストレスの原因になります。大きすぎると脱げてしまったり、どこかに引っかかったりして思わぬ事故につながる可能性もあります。犬の服は種類やメーカーによって違いがあるので、購入の前に必ずサイズ表を確認しましょう。犬を測った時の「ヌード寸法」と服そのものの「出来上がり寸法」の2種類があるので、どちらも見落とさないようにしてくださいね。

犬の服のサイズの図り方と絶対に測っておきたいパーツ

犬のサイズは犬を立たせた状態で採寸します。可能であれば、採寸は2人で行うとスムーズです。1人が犬を抑え、もう1人が計測を行います。必ず測っておきたいパーツは体長、首周り、胴周りの3つです。体長は、首輪の位置の1cmほど下から尻尾の上まで測ります。首周りは首輪をしている位置から1cm下をぐるりと一周測ります。一番重要なのは胴回りのサイズです。前足の付け根周りの最も太い部位を1周測ります。

その他にも測っておくと便利なパーツは頭部と四肢のサイズです。頭部の測り方は、犬の目の上から耳の付け根部分を1周測ります。四肢は付け根から肉球の役1~2cm上までです。誤差が生じやすいので、毛が多い犬種は、軽く毛をおさえてから測るようにしましょう。犬はじっとしていないので、3~4回採寸して、平均値を取るようにするとより正確になります。

犬の服は飼い犬の体温調整を助ける役目があります。小型の犬種や年老いた犬は体温が低くなりやすいので服による保温が不可欠です。保温性が高く、丁度良い寸法の一着を与えるのが飼い主の責任になります。