On

お土産にお勧め!旅行客に人気の高い東京銘菓3選

Posted by admin

現在でも定番のお土産!吉野堂のひよ子饅頭

東京都の定番のお土産として、昔から人気のある吉野堂のひよこをかたどったひよこ饅頭。実はひよこ饅頭はもともと東京で作られたお菓子ではないことをご存知ですか。ひよこ饅頭の生まれ故郷は福岡県の炭田地帯。1964年に開催された東京オリンピックの時に東京に進出して、そのまま東京銘菓として定着しました。東京限定のひよ子饅頭も販売されており、現在でも東京土産の銘菓の中で別格の地位を保っています。

金銀の素材で作った東京フィナンシェのフィナンシェ

フィナンシェとはフランス語でお金持ちのことを意味します。その形が金塊のような形をしていることから名づけられたお菓子で、アーモンドの香ばしい香りが特徴の高級感あふれるお菓子です。東京フィナンシェはそんな日本でなじみの薄いフィナンシェの専門店で金銀の素材で作られたフィナンシェを販売しています。金銀といっても実際に金や銀を原料として使っているわけではなく、希少な「金」のカルピスバターと「銀」の国内産さとうきび 100% のきびあじをすべての販売商品に使っています。そのようなぜいたくさから大切な人へ特別なものを土産物として持っていきたい人に人気があります。

東京駅限定の塩キャラメルロール

東京駅構内にあるARINCO TOKYO STATIONではこのお店限定の塩キャラメルロールを販売しています。サルディーニャ島原産の天然塩を使用したキャラメルでコーティングされた生地がもちもちなロールケーキで塩味と苦みの効いたキャラメルソースとロールケーキの中の濃厚な生クリームが非常においしいと人気を集めているスイーツです。

イタリア語でカンパネラとは「鐘」を意味します。また鐘の中でも比較的小さなものをいい、英語にするとbellという意味に通じます。